月経痛 薬

月経痛におすすめの薬について

|| Home

生理前の女性に起こる月経前症候群の症状とは


生理前の女性に起こる月経前症候群の症状とは?

多くの女性が、生理が起こる1週間から2週間前になると様々な不快症状が起こると自覚しているようです。

生理前に起こる様々な不快症状は、月経がはじまるとほとんど消えますが、これを月経前症候群といいます。

原因としては、排卵後の女性ホルモンの変化によって起こると考えられており、現在、多くの人が悩みとしています。



生理前症候群の症状は、人によって様々で、体に起こる症状として多いのが、生理前の下腹部の痛みや腰痛、頭痛、乳房の痛み、めまい、吐き気、体のむくみ、便秘、ニキビ、肩こりや手のしびれなどがあり、症状によっては他の病気と紛らわしいこともあります。



また、精神的な症状として、イライラとしたり、気分が落ち込む、集中力が低下する、やる気が無くなる、不眠や過眠、精神的に不安になり泣きたくなる、過食、甘いものを食べ過ぎる、といった精神疾患に似た症状が起こります。

しかし、生理になるとこれらの精神状態が嘘のように消えてしまうという特徴があります。

人によっては、精神症状が酷過ぎて、コントロールが難しく、婦人科や精神科にかかる人もおり、精神症状が重くなると、突然怒り出したり、涙が止められない、自分で環状の制御ができなくなってしまうというケースもあるようです。



月経前症候群と似た症状として、月経困難症や月経前不快気分障害、更年期障害といった症状があります。



月経困難症は、生理中に寝込んでしまうほど生理痛が酷くなったり、下痢が起こる、吐き気などの症状によって、日常生活が送れないほどの不調が起こります。

月経中に起こる症状は月経困難症とされます。



月経前不快気分障害は、月経前症候群の症状の中でも精神的な症状が重く、自分で心のコントロールをすることが難しく、日常生活が困難になる子ほど深刻と考えられる場合は、月経前不快気分障害という疾患であるとされます。

月経前症候群と診断されている女性の1.2%ほどが月経前不快気分障害になっているというデータもあります。



また、45歳から55歳の女性の場合は、更年期障害である可能性もあります。

閉経を迎える女性は、のぼせや精神症状など、月経前症候群と似たような症状がみられるため、更年期障害とわかりにくいことがあります。



いずれの症状も、別の病気である可能性があるので、自分で勝手に自己判断してはいけません。

気になる症状があり、生理周期と合わない場合は、必ず医療機関を受診して、検査や診察を受けることが大切です。





月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、

メニュー


© 2015 月経痛の薬でおすすめ010 All Rights Reserved.